2017年01月21日

木之本

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

滋賀県長浜市の北側にある木之本の町(長浜駅から4駅目にある、なぜか駅名は「木ノ本」なっている)。

この日はそこまで寒くなく、陽が出ている間は快適だった。
また、元々雪が降る地域のため道は除雪もされており却って歩きやすかった。
最近は少し贅沢ですが京都〜米原間は新幹線でショートカットするのが基本になってきました。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2017年01月08日

天橋立と丹後ちりめんの町

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

今日は加悦(かや)、丹後ちりめんの町まで出かけた。
まず京都駅から特急で天橋立まで行き(約2時間半)、近場を1時間くらい近場を散策して、
そこから奥地の方に入っていく。
天橋立自体は3回くらい訪れているが、言うまでも無く素晴らしい景勝地である。

加悦の町並みは、奈良の大宇陀に通ずるものを感じた。
絹を織る機械の音なのか、定期的なリズムに沿った機械の音が町のいたる所から聴こえてきた。
ここは加悦鉄道という、かつて走っていた線路跡が歩道として整備されており非常に歩きやすかった。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2017年01月03日

近江商人の町、日野町

DSCF0670+.JPG

DSCF0680+.JPG

DSCF0692+.JPG

DSCF0677+.JPG

1/2は久々に日野に行った。
日野は滋賀県の近江八幡・五個荘と並ぶ近江商人発祥の町として有名だが、
2つの町と比べて奥地にあるため、そこまで観光地化していない。
それが却って、人々の生活を感じさせる古い町並みとなっており個人的には気に入っている。
2年ほど前は、兵庫の丹波篠山と並んでかなり頻繁に訪れたものだ。

馬見岡綿向神社で参拝した。
あまり人出は無かったが、敷地も広く立派な神社である。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2017年01月02日

滋賀県多賀町

DSCF0602+.JPG

DSCF0605+.JPG

DSCF0617+.JPG

DSCF0645+.JPG

2017年の元旦は滋賀県の多賀町。
多賀大社という有名な神社のある町だが、多賀町はかなり広域に渡っているようで、
自分が訪れた場所はそこからは離れており広大な田畑が広がっている。

行きはJR河瀬駅で下車をしてバスで萱原という終着まで乗り、帰りは歩いて帰った。
(河瀬駅までおおよそ4時間、バスは40分ほど)

山奥の方で久々に野生の猿を3匹ほど見かけた。
かつて日光の中禅寺湖に訪れた時、目の合った猿が飛び掛ってきたことがあったので、
野生動物には警戒しなければならない。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2016年12月23日

湖北水鳥公園

DSCF0403+.JPG

DSCF0422+.JPG

DSCF0435+.JPG

DSCF0450+.JPG

幻想的な琵琶湖の風景と、その反対側に架かる虹。
こんなくっきりとした虹は初めて見た。

posted by TO-MAX / DAN at 19:00| Comment(0) | Landscape

2016年12月03日

気の向くままに

DSCF0032+.JPG

DSCF0064+.JPG

DSCF0066+.JPG

DSCF0043+.JPG

DSCF0117+.JPG

DSCF0123+.JPG

今日も4時間くらい歩いた。
太陽の光を浴びて青空の下、自分が思うままに歩く。
これ以上のストレス解消法は無い。
デジカメの性能が上がって夜景も撮れるようになったのが楽しい。

posted by TO-MAX / DAN at 22:00| Comment(0) | Landscape

2016年11月13日

続・東海道

DSCF0604.jpg

DSCF0601.jpg

DSCF0614.jpg

昨日は草津線の三雲駅で降りて、旧東海道の水口から土山まで歩いた。
この前行った土山から逆ルート(上り)になる。
大体4時間くらいか。

街道として整備されているだけあって歩きやすいのは間違いない。
今の東海道(1号線)に出れば何かしらの店はあるし。
帰りは貴生川行きのバスに乗るのだが、どこから乗っても一律250円というのはお得感がある。
(貴生川〜終点の土山までバスでも40分くらい掛かる)。

次は草津本陣〜土山までを1日で踏破してみるのも、やりがいがあるかもしれない。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2016年10月23日

土山宿

DSCF0530.jpg

DSCF0529.jpg

DSCF0538.jpg

DSCF0545.jpg

滋賀県甲賀市の土山宿。
京都と江戸を結ぶ由緒正しい東海道の宿場町である。

独特の空気感というか、参勤交代の一行が往来していた頃の東海道の情景などを想像しながら歩くと楽しい。
旧東海道は草津を抜けた石部〜水口〜土山あたりまでこういう面影が残っている。
極めがいのある場所だと思う、また訪れたい。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2016年10月15日

伊吹山

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

伊吹山頂(1,377m)
最高の天気と最高の景観。
解放感がハンパなかった。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape

2016年10月09日

旅に終わりは無い

DSCF0408.jpg

「自分探しの旅」と良く言うが、旅の中に目的を見出すのではなく、旅そのものが目的である。
故に答えは無いのだ。

posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | Landscape