2019年08月31日

Sugar Bytes Egoist + Looperator test

Sugar Bytes社のプラグイン、Egoist と Looperator を組み合わせて使ってみました。
Egoist はループを読み込むと自動的に解析し、再生順を変えたりランダムに並び替えたりして別のフレーズを作ることが出来ます。
Looperator はエフェクターで、色々細かいエフェクトを掛けることができます。

Sugar Bytes社のプラグインはGUIが気に入っていて、とにかく気軽に音に触ろうという気にさせてくれるのと、サイコロボタンでどんどんランダムなパラメータが生成されるので、自分が全く意図しないフレーズが生み出されることが期待できます。
一見使い道が無さそうなループネタでも意外と化けるかもしれません。

Egoist はリズムとベース、エフェクトも内蔵されているので、機会があればEgoist だけでどこまで曲として作れるかも試してみたいなと思います。



posted by TO-MAX / DAN at 00:00| Comment(0) | sound
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。